Tomominの生活


by tomominnim
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

赤岳Akadake

先週又山に行ってきました(*´エ`*)

立山に登って、山登りにも自信がつき又がっつり山に登りたくなりました。

彼は上高地の方へ行きたいと言っていたのですが、ちょっと遠出をするなら1泊しないともったいないという話になり、八ヶ岳の赤岳に登ることになりました。
じつは赤岳は去年彼に誘われてガイドブックを見たら、鎖で絶壁を登る写真が載っていてそこに「落ちると死にます」と書いてあって絶対に行かないと言っていた山です。
横岳なら行ってもいいと言い去年行ったのですが、頂上に登った時は体調が絶不調で、私の顔がゴリラや死神のような顔をした写真しか残っていません(。-∀-)

彼がその後1人で赤岳に登りに行き、全然大丈夫だよと言ったのでその言葉を信じて行くことになりました。

いつも山へ行く時は明け方の4時や5時に起きて出かけるのですが、その時間に起きて寒い中眠気に負けず山へ行くのは辛いよね・・・と話をしている間に「今から出発しよう!」となったのですが、その時すでに夜中の12時。
それから用意して家を出発。1時間ほど運転をしてS.Aで一睡して、朝の6時半くらいに又出発して八ヶ岳の県界尾根の登山口に到着。
b0130637_0484160.jpg

8時すぎから登り始めました。

この日は天気が最高!!いつも八ヶ岳に来る(今回4回目)と曇って景色が全然見えないのですが、今回は違いました。
b0130637_0493119.jpg

黄葉も見ごろでキレイな黄色に染まっていました(*'ω'*)゚+.゚。
もう結構急な登り坂が出てきてもへっちゃらになりました♪
b0130637_0494995.jpg

1時間半ほど登ると頂上が見えてきました。といっても、まだ遠く。
雲が少しかかっている頂上まで登ります。
b0130637_050372.jpg

横を見るときれいに富士山が見えました(*´エ`*)
b0130637_0501826.jpg

その後1時間半ほど又歩くと、遂に岩場の斜面が出てきました!!

今までに見たことのない斜面ですごくビックリしました・・・
本当に鎖がないと登れないし、鎖から手を離すとさようならです・・・
b0130637_050373.jpg

「何でこんな辛い思いをして、山に登っているんだろう・・・」
と何度も自分に問いかけながら、怖いけど一歩一歩登って行きました。

が、

登っている時に彼に「この道を帰り通るの?」と聞くと「そうだよ」と返事がきました。
こんな急な斜面絶対に無理!!と思うと手足が震えて登れなくなりました・・・

でも、もうどうしようもないので気持ちを落ち着かせてとりあえず山頂まで行こうと決心して登りました。
b0130637_0505286.jpg

結局コースタイムの倍の時間がかかりながらも無事山頂に到着(*'ω'*)゚+.゚。
b0130637_05192.jpg

山頂の景色は、もう圧巻。
b0130637_0512188.jpg

辛かったけど登ってよかった・・・と思える景色です☆
b0130637_0513147.jpg

去年果たせなかった山頂で記念撮影。
思いのほか登りに時間がかかり(4時間半)、下りも同じ時間かかると暗くなってしまうので30分休憩した後下山を開始。

本当に私がビビっていたので、彼が違う道を行こうか考えてくれたのですが山頂で少し回復して、もうこうなったら意地でも同じ道で下山してやる!!と同じ道から下山しました。

思ったより怖くなく、コースタイム通りに下山出来ました(*'ω'*)゚+.゚。
これ以上強くなってもどうしようもないのですが、更に強くなりました(。-∀-)

その後も順調に下っていたのですが、辺りが少しずつ暗くなっていき、森の中で鳥や動物の鳴き声がするとすごく不気味でした。
隣でカサカサと草が揺れる音がし、振り向くと
b0130637_0514646.jpg

カモシカがいました(ノ・ω・)ノ
こんな近距離で見たの初めて!!もののけ姫の世界でした。

そんなこんなで最後のほうが走るように下り、9時間程の登山を無事終了。
今までで一番長い山登りでした。

帰りは2人とも疲れ果てて、晩御飯を食べて帰りました。
そして翌日からは2人とも筋肉痛でした。
でも、すごくいい経験が出来て又心も強くなって行ってよかったです(*'ω'*)゚+.゚。
[PR]
by tomominnim | 2011-10-31 00:55 | 山登り